CONTACT

CONTACT

PRODUCT CATEGORIES

THE HISTORY OF MARSEILLE SOAP

“マルセイユ石けん”には長い歴史があります。
フランスという国ができる以前の話、マルセイユでオリーブが栽培され、オリーブ石けんが作られるようになったのはローマ時代(紀元前約400年)にまでさかのぼります。この頃から中世にかけてマルセイユ石けんは広く知られ、称賛に値する石けんとなりましたが、偽物の石けんから守る明確な方法はありませんでした。

1688年になりフランス国王ルイ14世の時代、本物のマルセイユ石けんを偽物から守る為、勅令が発布されました。その内容は、オリーブ石けんの原料、製造方法、製造期間など厳しい基準を設け、この基準を満たしたオリーブ石けんにのみ“マルセイユ石けん”の呼称を認めるというものでした。その勅令が「Edit du Roy」と呼ばれ、この瞬間に『マルセイユ石けん』と呼ばれる世界に誇るひとつのブランドが誕生したと言われています。