オリーブ石鹸の王道、マルセイユ石鹸で冬の乾燥肌を撃退!

オリーブ石鹸の王道、マルセイユ石鹸で冬の乾燥肌を撃退!


マルセイユ石鹸は、現在では多岐に解釈されるようになり、その商品数もとても増えています。

そのなかから自分好みのものを選び出す楽しさというのはもちろんあるのですが、ここではまず、「そもそも、どうしてマルセイユ石鹸が愛されているのか?」ということから考えていきましょう。

語るべき歴史を持つ、マルセイユ石鹸

 

マルセイユ石鹸とは、今より10世紀以上前から作られているものであり、大変古い歴史を持っています。

かつてはオリーブオイル以外から作られることは許されていませんでしたが、今ではそれ以外の植物油からも作られるようになりました。シアバターやヤシなどがよく使われています。「100パーセントのオリーブ石鹸」ではなく、肌によいとされているさまざまな作り方が出てきたので、ここを見て選ぶのも楽しいかもしれません。

 

しかしいずれにせよ、マルセイユ石鹸が「天然の油から作ることにこだわり続けているもの」であることは間違いがありません。

 

オリーブ石鹸の王道、マルセイユ石鹸で冬の乾燥肌を撃退-02

マルセイユ石鹸の魅力っていったいなに?

 

マルセイユ石鹸の魅力は、「乾燥に強い」ということにあります。油を含んだ石鹸であるため、保湿効果が極めて高いという特徴があります。これはマルセイユ石鹸の持つ大きな魅力の一つであり、ほかの油を配合しているものであっても、その働きは決して衰えません。

 

夏場などに使うのもよいのですが、マルセイユ石鹸が大活躍してくれるのは、やはり冬でしょう。冬は夏以上に乾燥しやすいものですが、マルセイユ石鹸の保湿効果は、そんな冬の乾燥肌を優しく労わってくれます。

 

「夏場は、清涼感を求めてほかの石鹸を使っているけど、冬はこのマルセイユ石鹸で行こう」という使い分けも可能です。

 

オリーブ石鹸の王道、マルセイユ石鹸で冬の乾燥肌を撃退-01

マルセイユ石鹸はさまざまなところがさまざまな種類を出しています。ただ、ラ・コルベットの商品をお試しがてら使ってみてはいかがでしょうか。50グラムから販売されています。ラ・コルベットでは、洗濯用のマルセイユ石鹸なども出しています。50グラムの「サボン・ド・マルセイユ」を使ってみて、これが気に入ったのなら、洗濯用の洗剤なども試してみてはいかがでしょうか。


No Comments

Post A Comment