Savon de Provence

サボン・ド・プロヴァンス
100%天然植物オイルを使用したナチュラルなフレグランスソープ。古くから変わらない伝統的な製法によって、保存料を使用せず、天然香料や色素を使用し作られています。

lavender

LAVENDER

FRAGRANCE SOAPS for body care

サボン・ド・プロヴァンス ラベンダー

JANコード 3182612707236
定価 ¥450
内容量 100g
フレグランス ラベンダー
主な成分 オリーブ脂肪酸Na・ヤシ脂肪酸Na・水・グリセリン・塩化Na
原産国 フランス、マルセイユ
商品特徴 100%天然植物オイルを使用したナチュラルなフレグランスソープ。古くから変わらない伝統的な製法によって、保存料を使用せず、天然香料や色素を使用し作られています。・天然保湿成分グリセリン配合
・すがすがしく爽やかなラベンダーの香り
・保存料フリー
使用方法 スポンジなどでよく泡立てて、ボディソープとしてご使用下さい。
使用上の注意 お肌に合わない場合はご使用をお止め下さい。/保存料不使用のため水に溶けやすくなっております。使用後はソープディッシュ等で水気をよく切った状態で保管して下さい。/本品は食べられません。誤って口に入れないよう、乳幼児の手の届かない場所で保管して下さい。
備考 ※保存料を一切使用していないため、白く変色したり、表面に粉がふいた状態になることがありますが、品質に問題はありません。
※合成香料、防腐剤、酸化防止剤、パラベン、動物油不使用
※天然香料(ラベンダーオイル)使用

PRODUCT CATEGORIES

THE HISTORY OF MARSEILLE SOAP

“マルセイユ石けん”には長い歴史があります。
フランスという国ができる以前の話、マルセイユでオリーブが栽培され、オリーブ石けんが作られるようになったのはローマ時代(紀元前約400年)にまでさかのぼります。この頃から中世にかけてマルセイユ石けんは広く知られ、称賛に値する石けんとなりましたが、偽物の石けんから守る明確な方法はありませんでした。

1688年になりフランス国王ルイ14世の時代、本物のマルセイユ石けんを偽物から守る為、勅令が発布されました。その内容は、オリーブ石けんの原料、製造方法、製造期間など厳しい基準を設け、この基準を満たしたオリーブ石けんにのみ“マルセイユ石けん”の呼称を認めるというものでした。その勅令が「Edit du Roy」と呼ばれ、この瞬間に『マルセイユ石けん』と呼ばれる世界に誇るひとつのブランドが誕生したと言われています。